ヤマシタホビー特型駆逐艦響の製作1

ヤマシタホビーの1/700日本海軍特型駆逐艦III型 響 を買ったので作ります。

このキットは細かいモールドが特徴。
キットの素性を生かして製作します。

エッチングパーツは使わずに、
キットのパーツと若干のディテールアップで完成させようと思います。

まずは接着の必要な部分を先に組み立てます。
どのキットを作るときも
接着、合わせ目消しは先にやることにしてます。
接着剤が乾くのを待つ間に他の作業ができるからです。

響の場合だと、艦橋、煙突、甲板の構造物に合わせ目ができます。

スポンサーリンク

ヤマシタホビー 駆逐艦 響の製作

艦橋

艦橋は、特型でも前後に長い暁型の特徴をよくとらえてます。
でも、三箇所に合わせ目ができます。
特に前方の二箇所は目立つうえに、段差が出来るほどのずれがあります。
まずは接着します。
響艦橋

合わせ目に 黒い瞬間接着剤 を塗って段差を埋めてしまいます。
タミヤパテ(ベーシックタイプ)でもいいのですが、
黒い接着剤の方が乾くのが早いのでこちらを使いました。
一度に盛り付けると乾きにくいので、2、3回に分けて薄く塗っていきます。

響 艦橋

煙突付近構造物

煙突基部の構造物も張り合わせて合わせ目を消します。
1番魚雷発射管の甲板にすき間ができてしまいました。

響 構造物

プラストライプですき間を埋めてしまいます。

響 煙突

直線状の小さなすき間はパテで埋めるより、
プラストライプのほうが簡単で早いです。

プラストライプ

今回は0.14mm厚プラストライプ 0.5mm幅 を使いました。
最近、店頭においてない店が増えたような気がする・・・
1セットあったら長く使えますが。
見つけたら確保しておくことをお勧めします。

煙突を接着します。
響 煙突

椀型吸気口の再現性が素晴らしいですね。
雰囲気をよくとらえてると思います。

魚雷格納框もこの段階で接着します。

煙突は開いてませんが、この大きさなら仕方ないでしょう。
キットのまま製作します。
蒸気捨管、ジャッキステーはよい雰囲気です。

組み立て説明書では
11Kと12kの番号が逆になってます。
響 煙突基部

前方に突き出るような形に取り付けます。

探照灯の台
6[HA]、10[HA]を接着します。
合わせ目ができるので
消してから甲板に接着します。

とても小さいです。指では持てません。
作業にはピンセットがあると便利です。
探照灯台

このくらい小さい。写真ぼけてますね。すみません。

小さな部品を接着するときは、
先端の曲がった鷲口タイプのピンセットが使いやすいです。
100均のでは精度がでないのでピンセットはいいものを使いたいです。
とはいっても僕が使ってるのは定価600円のこれ

ピンセット

ミネシマ 精密ピンセット 鷲口タイプ(F-108)

性能を考えるとお値打ち品だと思います。

とりあえず煙突基部は完成

今回はここまで出来ました。
この部分は接着するパーツが集中してます。
その分再現性は高いです。

探照灯台

それでは
今回はこのへんで失礼します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする