魚藍亭元祖よこすか海軍カレー・止まらない・・・辛くないけどコクがある

艦好きなら気になる海軍カレー。

といいつつ、僕は一度も食べたことがありませんでした。
だって、港のある街に住んでないし。

でも今ではスーパーでも海軍カレー売ってるんですね。知りませんでした。
というわけで妻が海軍カレーを買ってきてくれたのでさっそく食べてみました。

白子KM 魚藍亭元祖よこすか海軍カレーを食べてみました。

スポンサーリンク

白子KM 魚藍亭 元祖よこすか海軍カレー

錨のマークに、ロープと救命浮輪。
うーんいかにも海軍らしい。

海軍カレー

赤いパッケージに金のライン。
大手メーカー品のようなケバケバなパッケージじゃなくて、どこか古さを感じさせるパッケージ。伝統を感じさせます。

魚藍亭という、横須賀の老舗レストランで出されていたものらしいです。
このお店のカレーは、明治41年の日本海軍のレシピにもとづいて作られているとか。
日本海軍はイギリス海軍からカレーを教わったそうです。その後、カレーは国内で進化してますが、明治時代の味を再現したこのカレー。
はたしてどんな味なんでしょうか。

レトルトカレーです。1個300円くらい。

一見するとなんだか懐かしい感じのカレーです。
見た目からして今風のスパイシーなやつとは違う感じ。

海軍カレー

レトルトカレーにしては具が大きいかな。
レトルトカレーって具がこま切れになっててほとんど入ってなかったりしますよね。
これはちゃんと形になってます。むしろニンジンとか普通のレトルトより大きいんじゃないでしょうか。

実際にお店で出されるカレーはもう少し具が大きいみたいですが。レトルトなら健闘してるほうだと思います。

魚藍亭 元祖よこすか海軍カレーの味は?

では、食べてみます。

辛くない・素朴な味・・・と思ったら

一口食べて
「ああっ、レトロなかんじ」
というのが率直な感想。
辛さは控えめ、子供のころに食べたバーモントカレーや学食のカレーのような。
万人受けするマイルドな辛さです。バーモントカレーは言いすぎですね。そんなに甘くありません。辛口になれた自分からすると、ぜんぜん辛くない。

「こりゃあ、辛さに慣れた現代っ子には物足りないかも」
って思ってしまいました。

でも、ただのレトルトの味じゃないですね。

このコクはどこから?

コクがあるんですよ。

何の味だろう。
牛のダシが出てる?

市販のレトルトカレーじゃあこの味は出ない。
辛くないのに、おいしい。

不思議な感じ。
素朴で懐かしいような感じもするし。
でも、ちゃんとコクがあって味わいがある。

妻も「この味は出せない」って言ってました。

海軍カレー

レトルトでこのコクと味なら。
本物はどんな味がするんでしょうね。

止まらない・・・

この味は何だろうと思ってる間に、あっという間に食べてしまいました。
早食いはいけないんですけどね。
でもやめられない。
不思議な魅力です。

辛さや刺激が少ないぶん、これならいくらでも食べられそう。
体力勝負の水兵さんにはこの味付けの方がよかったんでしょうか。

お店で使えるクーポンつき

魚藍亭のクーポンが付いてました。

navyscurry4

お店で100円引きになるそうです。
でも、横須賀の魚藍亭に行くのはいつの日になることか。
僕が住んでるのは京都・・・

機会のある人は使ってください。

食後の感想

カレーに辛さや刺激を求める人には物足りないかもしれない。

カレーは香辛料の強さや辛さだけで勝負するんじゃないんだよ。
って教えてくれてる感じ。
香辛料は控えめ、ダシで勝負するカレー。
といってもいいかもしれない。

旨味というかコクの違いの分かる人ならおいしいって思うんじゃないかな。
大人向けなカレーかもしれませんね。

僕はこの味好きです。

お店で本物を食べてみたくなりました。

魚藍亭 よこすか海軍カレー詰合せ NV-30
by カエレバ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする