重巡洋艦高雄の製作始めます

  こんにちは。今回より

フジミ 1/700 日本海軍 重巡洋艦高雄を製作します。

スポンサーリンク

重巡といえば高雄型

  駆逐艦、軽巡洋艦と作って来たので次はちょっと大きめの重巡洋艦にしようと思ってました。 個人的にはスマートで美しいラインが魅力の妙高型も好きですが、 重厚な面構えの高雄型も魅力があります。 高雄型といえば、子どものころ最初見たときは なんて不細工な船なんだろうと思ってました。

  重巡洋艦高雄昭和7年就役間近の高雄
出典:MODEL Art増刊 帝国海軍重巡洋艦総ざらい

でも、今見てみるとこれはこれで迫力があっていいんじゃないかと思います。

実際のところ、運用上艦橋が大きいから不利になったという事はなかったみたいですし。中にいる人にとっては広いほうが作業もしやすいし、評判は良かったようです。

でも、大きすぎる構造物を載せていたら転覆しやすくなります。現代ではトップヘビーなんて言い方もしますね。結局、高雄、愛宕は途中で改装されてちょっとだけ艦橋が小さくなりました。

高雄型は一等巡洋艦として名前が付けられて完成した最後の重巡洋艦でもあります。

旧日本海軍では20cmの主砲を持つ巡洋艦を一等巡洋艦、20cmに満たない口径の主砲を持つ巡洋艦を二等巡洋艦として分けていました。一等巡洋艦には山岳の名前。二等巡洋艦には河川の名前をつけていました。 つまり高雄型は山の名前を持つ最後の重巡洋艦なんです。

高雄の後に作られた重巡洋艦は最上型、利根型ですが、軍縮条約の関係で最初は二等巡洋艦として完成させて後で主砲を乗せ変える予定だったので川の名前が付いています。 利根型の後に計画された伊吹型は、ワシントン条約脱退後だったので最初から一等巡洋艦として計画されましたが完成しませんでした。 というわけで、重巡洋艦らしい最後の、重巡洋艦が高雄型という印象があります。

話題のフジミ製 高雄 を買った

  高雄型の中からネームシップの高雄を作りますが、選んだキットは

1/700 特シリーズSPOT No.43 日本海軍重巡洋艦 高雄 昭和19年 DX フジミ重巡高雄

これは、通常販売している フジミ 1/700 日本海軍 重巡洋艦高雄

フジミ純正の 1/700 軍重巡洋艦 高雄 専用エッチングパーツ が付属したものです。

通常版が定価2800円(税抜)なのに対して、定価1800円(税抜)の純正エッチングパーツが付いて通常版より1000円(税抜)アップの3800円(税抜)なので割安感があります。最初からエッチングパーツを使うのであればデラックスを買った方がお得です。 とはいえ、このエッチングパーツ、やたらとパーツが多くて全部使う気ににはなりません。 プラ製パーツだとどうしても再現できない気になるところだけの使用にとどめます。 高雄純正エッチングパーツ

お買い得感に負けてエッチングパーツつきを買ってしまいましたが、 気になるところだけなら単品のエッチングパーツ(窓枠だけとかカタパルトだけとか)で済ませてしまったほうがトータルでの出費が抑えられたかも・・・

でも、他のキットにも使えそうなパーツが多いので、いつかきっと役に立ってくれると思います。

それはともかく。 このフジミの高雄は、艦船模型ファンの間でも話題になったキットです。

それまでの1/700模型では省略していたような細かい部分まで表現しています。

1/500の模型に迫る最限度とも言われました。 その反面、部品が細かくて数が多くなったので作りにくい模型になった印象があります。 細かく作りこんで再現するのが現在の艦船模型界では流行っているので、その流れにうまく乗って艦船模型ファンの間では大変人気のあるキットです。 ネットを探せばフジミ製高雄をとことんまで作りこんだ作品を幾つも見ることができます。

でも、気軽に作るが身上のこのブログではあまり作りこみしすぎずに、気になるところだけ手を加える程度にします。

できるだけキットのよさを生かす方向で作りたいと思います。

では、次回より製作に入ります。 お楽しみに。

タカフミがお届けしました。    

スポンサーリンク

シェアする

フォローする