陽炎型駆逐艦 不知火の作り方2 船体、艦橋

艦これなんかで艦船模型に興味を持った 初心者艦船モデラー向けの製作記事です。

過去の記事で初心者向けのキットの選び方を説明しました。

 参考記事:陽炎型駆逐艦 不知火の作り方1 キットの選び方

不知火のキットは売っていないので

アオシマ 1/700 日本海軍駆逐艦 陽炎 1941 を使います。

スポンサーリンク

艦船模型のキット内容

  キットの内容はこんな感じです。 部品は多くはないですよね。 いまどきのガンプラと比べると少ないほうじゃないでしょうか。

kagerou02b

赤丸で囲った部分は ウォーターラインシリーズの共通枠 Xランナーです。

タミヤ、ハセガワ、アオシマでシリーズ展開しているウォーターラインシリーズによく

入っているパーツです。 いろいろな船に使える武器や、装備品などをまとめてパーツ化したものです。 大型艦用のWランナーと小型艦用のXランナーがあります。 静岡模型教材組合の発売している  1/700 ウォーターライン 小型艦兵装セット (518)と同じものです。ウォーターラインシリーズのキットを買えば入っているので 改めて買うことはないと思います。

というわけなので、Xランナーの部品は全てを使うわけではありません。 必ず余ります。

余ったら、他のプラモデルを改造するときに使ってください。

説明書とランナーを見て部品がそろっている事を確認したら製作開始です。 もし部品が足りなかったり壊れていたらメーカーに問い合わせてください。  

不知火製作開始します

  艦船模型は組み立ての手順が大切です。

説明書どおりにすれば完成するガンプラと違って、自分でどこを先に作っていつ塗装するかを考えないといけません。

一部の製品を除けば艦船模型はガンプラと違って 塗装しないと完成させることは出来ません。

部品の切り出しのときは、 切った部品がなくならないように下にお皿のようなものを おいておくとよいと思います。

飛んでしまった部品を探すのは大変です。最悪、なくなってしまうと完成させられませんから。 僕は100円均一ショップで買ったトレイを使ってますが 100分の1クラスのガンプラの空き箱でもいいと思います。

kagerou03

まず、接着の必要な部品から組み立てを始めます。

接着剤を乾かしている間に他の作業ができるからです。

アオシマの陽炎型だと 艦橋、煙突、砲塔は先に作ってしまいます。 砲塔は部品番号10かXパーツの30を使うようになっていますが 10の方が形がよいので10を使います。 砲身はXパーツのものを取り付けます。

部品番号6も船体に接着します。 ただし煙突の先端 部品番号「21」と「15」は違う色(黒い色)に塗るので今は接着しません。

同じ色で塗る部分は先に接着してかまいません。

僕がよく使っている接着剤は   タミヤセメント(角びん) です。

船首部分の甲板も接着してしまいます。 こういうところは流し込み接着剤が便利なので  Mr.セメントS 流し込みタイプ を使います。

先に甲板のパーツをはめておいて、後から隙間に接着剤を流し込みます。

甲板接着

接着剤の説明はこちらでやってますので、参考にしてください。

 参考記事:接着剤の選び方

kagerou06 切ここまでは、組み立てておきます。

前の煙突、部品3、6、11は船体と同じ色なので船体に接着しておきます。 艦橋、後ろの煙突、砲塔は組み立てますが、塗りやすさを考えてまだ船体には接着しません。

切り取った部品は、なくさないように箱に入れておきたいところですが、 艦船模型の部品は小さいので100円ショップで売ってるピルケースに入れておくと便利です。

kagerou05

機銃、砲塔などのジャンル別に分けてもいいですし 作っているキットごとに分けておくのもいいです。

あとで作業を再開するときに探す手間が省けます。

接着剤が乾く間に他の作業を行いますが、続きはこちらの記事になります。

参考記事:陽炎型駆逐艦 不知火の作り方3 塗装準備

スポンサーリンク

シェアする

フォローする