アオシマの艦船模型

ウォータラインメーカーの紹介、トリを飾るのは青島文化教材社です。

通称は「アオシマ」

いきなりですが、ウォーターラインシリーズが出来た頃、アオシマの製品に対する評判はよくありませんでした。模型メーカーとしての実力はタミヤやハセガワには及ばなかったのです。

お堅い大メーカーがやらないような意表をつく商品を発売するという柔軟性はあったものの、 技術的には二流のメーカーだったのです。

でも、今は違います。

むしろウォーターラインシリーズを引っ張っていく中心的メーカーになりました。

大企業であるタミヤやハセガワはいつしかウォーターラインシリーズの開発ペースが落ちていきました。

そんな状況でもアオシマはウォーターラインシリーズの製品を商品化し続けました。

最初はウォーターラインシリーズから脱退したフジミの穴を埋めるためだったのかもしれません。でも、フジミには負けられないという思いがあるのでしょか、タミヤやハセガワに追いつき追い越せという思いがあるのでしょうか。

近年のアオシマの製品は昔とは別のメーカーの様に品質が上がりました。製品の質が上がっても、作りやすさは健在です。

しかも、昔のアオシマが持っていた遊び心も健在です。 ゲームの「艦隊これくしょん」タイアップした商品を開発し艦船模型のファン拡大にも貢献しています。

今なら安心して初心者にお勧めできるメーカーです。

スポンサーリンク

お勧めのアオシマ艦船模型

アオシマの代表的製品は戦艦扶桑です。姉妹艦の山城もあります。

2007年にリニューアルされましたが、その後もこまめに改良を繰り返しています。 2015年7月現在だと1944リテイク版が最新バージョンとなります。

作りやすさと精密さを両立させた良いキットです。 フジミも扶桑を出していますがあまりにも複雑すぎて初心者では完成させることは出来ないと思います。

「艦これ」で扶桑姉妹と知り合って、うちにも欲しいなあという提督さんにはアオシマ製がお勧めです。

でも航空戦艦扶桑はありません(あれはゲームの世界だけなので)。

アオシマの代表作として空母千代田もはずせません。

ウォーターラインシリーズとしては長らく製品化されていませんでした。

「艦これ」のおかげでしょうか、軽空母千代田がウォーターラインシリーズに仲間入りしました。 近年のアオシマ製らしく、精密さと作りやすさを兼ね備えたキットです。 アオシマの空母系キットは格納庫が再現されているのが特徴です。 武装や航空機のパーツは他のキットの流用なので大量にパーツが余りますが、 あまったパーツは好きなところに使えばよいのではないでしょか。

姉の空母千歳のキットもあります。

艦娘のフィギュアではありません。中に入っているのは空母としての千歳です。

ゲームにあわせたパッケージやおまけが付いています。 おまけの内容はシール、カード、エッチングプレートです。 説明書も、ゲームに出てくるキャラクターが描かれていて楽しく作ることができます。 その分、値段はウォーターラインシリーズよりも高いです。

アオシマのキットなら給糧艦間宮も外せないでしょう。

給糧艦とは分かりやすくいえば食料を補給するための船です。「艦これ」がなければこんなにマイナーな船がキット化される事はなかったでしょう。

ウォーターラインシリーズよりも先に艦これプラモデルシリーズとして発売です。 従来からあったキットのパッケージをかえたのではなく、このために新しく金型を作って製品化されました。 艦これ人気の凄さと、アオシマの意気込みが感じられます。

現在はウォーターライン版も発売されます。

おまけのない分、こちらの方が安いです。

アオシマは海上自衛隊の船のキット化も熱心です。

しかもアオシマの自衛隊ものキットには遊び心あふれるパッケージとおまけが付いているものがあります。

その代表は沈み行く某国空母が背景に描かれている護衛艦ひゅうがのパッケージアートですが その紹介はまた別の機会にするとして 護衛艦あたごを紹介します。

あたごは海上自衛隊のイージス護衛艦です。

ピットロードにくらべるとあっさりしていると言われる事もありますが 実物のイージス艦は案外のっぺりしていたりします。

ステルス性を意識した現用艦についていえば、あっさりしているほうがリアルに思える事もあるんですね。 このキットのパッケージには某国の弾道ミサイル発射の瞬間が描かれています。 パッケージアートだけでなく、おまけとして弾道ミサイルと発射台、 P-3C哨戒機、F-2戦闘機も入ってます。

かつては、出来の悪いプラモデルを出してるメーカーと思われていた時期もありましたが、 技術の向上により大手メーカーに並ぶ製品を出せるようになりました。 近年発売されたものは出来もよく組み立ても他社品ほど難しくないので初心者にお勧めできます。

さらに、艦船模型に対するやる気では大手メーカー以上かもしれません。 どんな製品を出してくれるのか楽しみなメーカーです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする