誰が主役?航空母艦ワスプ(CV-7)&伊19&スピットファイア

航空母艦ワスプというと日本海軍ファンには あまりおなじみではないかもしれません。

むしろ、敵側の船ですね。

アオシマより、1/700 米国海軍航空母艦WASP (ワスプ)&日本海軍潜水艦 伊19 が発売されます。  

スポンサーリンク

ワスプ&伊19セットで発売

ワスプ(CV-7)は第二次大戦では大西洋で活動しており、 ミッドウェー戦後に太平洋戦線に投入されました。

第二次大戦中のアメリカ海軍には同じ名前の空母がもう一隻いました。

CV-7の戦没後に就役したエセックス級のCV-18です。

今回キットになったのはCV-7の方です。

日本海軍ファンにとってはワスプよりも ワスプを沈めた伊19の方が印象深いですよね。 そのワスプと伊19がセットでキット化されます。

もちろん、新金型です。 パッケージは有名な写真をもとにしているというけど もしかして炎上するワスプと伊19の組み合わせでしょうか。

その様ですね。

パッケージを見ると、 U.S.AIRCRAFT CARRIER WASP と書いてあるのでワスプがメインのキットですよね。

でも炎上してます。

伊19と標的にする対象物のキットの様な感じがするのは僕だけでしょうか。

ワスプのキットの方が遥かに開発にコストがかかってそうだけど どっちが付録か分からないですね。 メインの空母のあつかいがこんなんでいいのでしょうか。

でも、日本ではワスプファンはあまりいないと思うのでこの方が売れるかも。 アオシマのパッケージはきわどいものがたまにあって 楽しませてくれます。

それにしても、日本でそれほど人気があるとは思えないワスプがキット化されるとは驚きました。 伊19がらみのネタでもなければなかなか発売は難しいかもしれません。

ワスプの大きさはアオシマの手がけた飛龍とあまり変わらないし、 空母ものには定評のあるアオシマだけにキットの内容も期待できると思います。 はたしてどれほどの人がこのキットを手にするのか、気にはなるところです。

発売中です。

1/700 ウォーターライン 米国海軍航空母艦WASP (ワスプ)&日本海軍潜水艦 伊19

純正エッチングパーツも発売されています。

1/700 米国海軍航空母艦WASP (ワスプ)専用エッチングパーツセット

大西洋時代もキット化

更に、このワスプにバリエーションキットが出来ます。

1/700 ウォーターライン 米国航空母艦WASP マルタ島輸送作戦

こちらは、大西洋で対ドイツ戦に投入されていたころのワスプをモデル化しています。

もちろん、伊19は付いてません。そのかわり?

スピットファイア、F4F、TBDデバステーター、SB2Uビンディケーターが付属しています。

何が輸送作戦なのかというと、スピットファイアを輸送していたからです。ワスプは英国領マルタ島を防衛するために、イギリス軍のスピットファイアを輸送する任務を行っていました。

今度こそ、ワスプが主役のキットです。

でも、運ばれてる側のスピットファイア目当てで買う人が出てくる可能性も・・・

1月31日 発売予定です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする