アオシマ 軽空母 龍驤、if要素の装備付で12月発売

驤のキットというとフジミのものが有名ですが、 アオシマから発売になります。

スポンサーリンク

WLじゃないけどアオシマ製龍

硬派な艦船模型ファンからはそっぽを向かれそうですが、 艦これシリーズとしての登場です。

しかし新金型を作り起こしての発売ですから、 アオシマの決断には敬意を示そうではありませんか。

今までにも、間宮、千歳型航空母艦といった艦これ先行のアイテムがありましたた。 艦これ人気がなければキット化しなかったと思えるものだし、 ハセガワの天龍のリニューアル化も艦これのおかげかもしれません。

間宮、千歳型同様、いずれウォーターラインシリーズでも製品化されるでしょうから ここは、素直に待つとしましょう。 もちろん、艦これバージョンで買うのもありだと思います。

新規金型という事で、完成写真を見た限りでは 最近のアオシマ製艦船モデルの水準どおりの 十分満足のいくディテールですね。

アオシマ製空母ということで格納庫の再現もあります。

艦これバージョンという事で、架空装備のパーツが付くみたいです。 艦これの改二がもとになっているらしく零戦六二型が付属します。 史実では第二次ソロモン海戦で沈んだ龍は噴進砲は装備してませんが、 ゲーム仕様という事で付属するようです。

あと、ネームプレートとかディスプレイシートとかの 艦これシリーズのおまけがいろいろ付きます。 今まではシールが付いていましたが、代わりにシートが付くようになったようです。

アオシマの説明によるとシートの使い道は 「組み上げたキットの下に敷いて飾ることでキット+艦娘の一体感を演出。」 なんだそうです。

・・・正直、こういう需要があるのか僕にはよく分かりません。

でも、アオシマのサービス精神というか遊び心は見ていて楽しくなります。こういうメーカーは応援したくなります。

おまけのせいでちょっと?割高ですが、 まずは発売されることを喜びましょう。

  それにしても、 ウォーターライン陣営はアオシマが一社で頑張っている感じがしますね。

ハセガワは単発的に新製品を出すけど、もっとペースアップして欲しい。 タミヤはウォーターラインの発起人なんだから責任もってシリーズを盛り上げて欲しい。 人気の大型艦だけリニューアルして小物は放置というのは寂しいですね。

要目

メーカー:アオシマ

シリーズ:1/700 艦隊これくしょん プラモデル No.26

製品名:艦娘 軽空母 龍驤

新金型 零戦六二型、墳進砲パーツ同梱

付属品:艦娘ディスプレイシート、エッチングネームプレート、艦娘カード

定価:3800円(税別) 12月31日発売予定です。

既に予約は始まってます。

アオシマ 1/700 艦これプラモデル No.26 艦娘 軽空母 龍驤

スポンサーリンク

シェアする

フォローする